Woman Sleuthもの(女探偵)の代表的作品。
94年のCWA最優秀処女長編賞受賞。
ステファニー・プラムはニュージャージー在住バツイチ失業中。
背に腹は替えられずバウンティハンターを始めるが、最初のターゲットは何と処女を奪った警官のジョーだった。
翻訳は最初のあたりの切れ味が悪かった。
最後になって流れが良くなったが、女性に訳させるのはどうかと思う。
ボクシングのヘビー級を、ヘビーウェイト級と言っている。
小説としては、途中まで謎も何もない話だったが、最後のあたりになって、一ひねりしている。
これも男の書くハードボイルドと比べると、物足りない。
しかしホームドラマの側面がある。
ステファニーの一家の登場する場面は和やかだ。
そのあたりは男のハードボイルドにない、ユニークな点だ。

ライブドアから再掲示。