巨匠スタンリー・キューブリックが監督・脚本でお送りするクライムストーリー。
「ジョニーギター」のスターリング・ヘイドン主演。
そしてあの人が登場。
監督 : Stanley Kubrick
製作 : James B. Harris
原作 : Lionel White
脚本 : Stanley Kubrick
Sterling Hayden (Johnny_Clay)
Coleen Gray (Fay)
Vince Edwards (Val_Cannon)
Jay C. Flippen (Marvin_Unger)
Marie Windsor (Sherry_Peatty)
ジョニーは競馬場の売上金強奪をねらっている。
仲間は4人、警官と競馬場関係者、資本を出してくれる金持ちだ。
さらにバーで暴れて騒ぎを起こしてくれる乱暴者と、ライフルで走ってる馬を射殺する狙撃手を雇う。
レースの最中に騒ぎを起こし、本命馬を撃ち殺し、売上が全額戻ってくるところをジョニーが頂くわけだ。
しかも金は一旦職員用ロッカーに保管して警官がモーテルに移す手はず。
それをジョニーが回収して、みんなに分配するのだ。
金の持ち出しまでうまくいった。
しかしジョニーは渋滞に巻き込まれてしまう。
そのころ待ち合わせ場所では、残りのメンバーが既に集合していた。
そこにギャングたちが襲う。
結局同士討ちになり、瀕死の重傷を負いながら馬券係だけが自宅にたどり着いた。
自宅にはギャングに計画を漏らした妻がいた。
馬券係は妻を撃ち自分も倒れる。

スターリング・ヘイドンは、「大砂塵」の怪演もさめやらぬうちに、今度はキューブリック作品だ。
体があるから主役は張れるが、典型的B級役者である。
キューブリック監督としても映画二作目で、お金のかかる人は使えない。
しかし脚本はしっかりしていた。
時間を重ねて登場人物の行動を追いかけてゆくシーンは、さすがにキューブリックだ。
ただし、カメラワークで目立ったところはなかった。
ビンセント・エドワード(「ベン・ケーシー」の主演)は最後に死んじゃう役だった。
名前は大きく出ていたが、少ししか見せ場はなかった。

現金に体を張れ 1955 アメリカ

Related posts:


投稿ナビゲーション


現金に体を張れ 1955 アメリカ” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA