2003/11/04(Tue) 21:05
監督 : 井上梅次
製作 : 水の江滝子
脚本 : 西沢裕 / 井上梅次
撮影 : 柿田勇
音楽 : 大森盛太郎
キャスト(役名)
フランキー堺 (猿飛佐助)
市村俊幸 (三好清海入道)
有島一郎 (滋野蛸十郎)
水島道太郎 (石川五右衛門)
遠山幸子 (白菊姫)
コメディタッチの時代劇ミュージカル。
幼なじみの猿飛佐助と三好清海入道は、徳川方に身を投じた。
ある日、出会った囚われの姫君に二人は心を奪われ、姫君から簪を拝領する。
しかし何故かその頃から石川五右衛門に命をつけ狙われる。
襲われて負傷を負った猿飛佐助は戸沢白雲斎に助けられ、白雲斎の弟子になる。
そして石川五右衛門の魔の手は、白雲斎の近くにも迫っていた・・・

フランキー堺が垂れ目、市村俊幸がふっくらしている。
後のイメージとかなり違う。
意外なことだが、三木ノリ平が脇役だ。
また有島一郎は若い頃も、ちっともかわってなかった。
井上梅次演出はスピードがあって、面白かった。
当時はミュージカル専門だったようだ。

猿飛佐助 1955 日活

投稿ナビゲーション


猿飛佐助 1955 日活” への2件のフィードバック

  1. 確かにありました、この映画。水島道太郎が好きでした。どこかグレン・フォードに似てませんか。

  2. 確かにありました、この映画。水島道太郎が好きでした。どこかグレン・フォードに似てませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA