2003/11/11(Tue) 21:36
監督 : 森永健次郎
原作 : 三島由紀夫
脚色 : 棚田吾郎 / 須藤勝人
撮影 : 松橋梅夫
音楽 : 中林淳誠
配役
吉永小百合 (宮田初江)
浜田光夫 (久保新治)
望月優子 (久保とみ)
石山健二郎 (宮田照吉)
菅井一郎 (大山十吉)
伊勢湾に面した神島が舞台。
新治は漁師見習いである。
ある日、初江と出会う。
彼女は船主の娘で長く養女に出されていたが、最近呼び戻された。
やがて嵐の日の一件で、二人は愛し合うようになる。
しかし、初江と大学出の青年との縁談も進められていた。
シケの夜、初江の父の船が無人のまま流される。
誰も恐れて海に出て行くものはいない。
そんな中、ただ一人、新治は海へ飛び込むのだった。

この映画も山口百恵より吉永小百合の方が合っている。百恵じゃ暗い。
三島由紀夫の作品だが、古風なエロチシズムだ。

潮騒 1964 日活

Related posts:


投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA