●2003/07/05 Sat  
監督:アンドレ・カイヤット
主演:マリナ・プラディ
洪水とは何か?
どうやら第三次世界大戦が、フランスを中心にして起きると、思われてたらしい。
サルトルや社会主義が猛威を振るった頃だ。
そんな中、17歳の子供たち5人組は、ヨットでフランスを脱出する企画を練る。
資金が無い。
すると、一人の少年が金のありそうな場所の情報を持ってきた。
みんなはそのアイデアに飛びついたのだが、これが間違いの始まり。
現場でたまたま出会った夜警を殺してしまう。
それを仲間一人の責任に押しつけようと、彼まで殺してしまう。

映画が途中で切れていた・・・畜生め。
映画は同時代感が全然無いので、共感は沸かなかった。
素朴で無垢な殺人だが、素朴だからこそ恐ろしい。

洪水の前 1954 仏

Related posts:


投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA