キアロスタミ監督、97年度カンヌ映画祭グランプリを今村昌平の「うなぎ」と分け合った、「桜桃の味」だ。
例によって、狭いところでぐるぐる同じ道ばかり回ってる映画だ(笑)

自殺志願者が人生の生きる意味を見つめ直す心の旅なんだが、場所が山の中で、セメント用砂利の採取場なのだ。
そこを車でグルグル回って、自分の自殺を手伝ってくれる人を捜してる。
大金のアルバイトだが、誰も気味悪がって、やってくれない。
クルド人の兵士は車から飛び出して逃げてしまうし、アフガニスタン人の神学生はコーランに書いてないことはできないの一点張り。
ようやくお金に困っていたトルコ人の老紳士に出会い、引き受けてもらう。
しかし、老人は自分も自殺を考えたことがあった。と昔話を語り始める。
その老人の話には経験と含蓄があり、心の迷路に迷い込んでいた主人公も次第に「生きる」ということの意味を考え直し始める。
そして、最後に彼の下した判断は、、、

最後まで主人公の自殺しようとする理由は語られない。
理由がわからなければ、思いとどまるように、説得できるとは思えなかったのだが、そこをトルコの老紳士は、巧みにやってのけてしまう。
言い換えれば、キアロスタミの人生の意味は、しごく単純明快なのだ。
この辺は、黒沢明の「生きる」とは、かなり重さが違うと感じられた。

相変わらず金のかかっていない映画だ。
これでさぞかし、外貨をがっぽがっぽと稼いでいるんだろう。
人生に迷ったら、ぜひご覧下さい。