味の素ほんだし30周年記念。
CFの裏にこんなドラマがあった!
名匠市川準監督。
田中麗奈、小澤征悦主演のちょっと悲しいメロドラマ。
田中麗奈が合コンで知り合ったエリートの小沢には、恋人がいる。
彼女は一年の約束で留学に行ってしまった。
麗奈はその間、彼とつきあうことにした。
しかし期限が近づくにつれて、麗奈は次第に心のバランスを失っていき、やがて修羅場を迎える。

田中麗奈は、薄化粧でラブシーンにも挑戦した。
ずいぶん大人の役だが、違和感はほとんど無い。
彼女のさみしさ、虚しさがよく出ていた。
相手の小澤征悦(指揮者小沢征爾の息子)もいい味を出してる。
仕事には熱心だが、女に対してだらしない風は、いまどきのありがちな男だ。
母役の樹木希林も、CFと同じ役だが、存在感があった。
タイトルは、マリーゴールド=一年草、一年しか花をさかせない花の意。
2002年秋入院中にDVD鑑賞。

東京マリーゴールド、2001、日本

Related posts:


投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA