アラン・ドロン製作主演、ジョゼ・ジョバンニ監督脚本。
テレビでしょっちゅうやってる名作だ。
原題は「街の中の二人」—フランス映画は当時フィルムノワールが多かったから、街に「暗黒」をつけたのか。
10年の服役を追えた男が出所後も刑事にしつこく追われて、ぶち切れ、その刑事を殺してしまう。
最後は弁護士や保護司の努力むなしく、死刑になる悲劇だ。
アラン・ドロンは当然、死刑になる犯人役である。
ジャン・ギャバンが保護司役で、狂言回しを演じる。
死刑囚アラン・ドロンが刑場に引き立てられるとき、ジャン・ギャバンに向かって「怖いよ」とささやく。
そのときの二人の名優の表情が印象的だった。
金髪美人のミムジー・ファーマー(「モア」)がドロンの二人目の恋人役で出演している。
刑事が彼女にドロンの過去をばらしたことから、彼がぶち切れる原因になった。
ミムジーはアメリカ人女優だが、華奢なタイプでヨーロッパで成功した。
アラン・ドロンの好みのタイプでもある。
一人目の恋人役イラリア・オッキーニロミー・シュナイダー似でドロンの好みだった。
二枚目もドロンほどになると、相手役を選んでもらえるのか。
ジェラール・ドパルデュもちょい役で出演している。
いわばフランスの大スター三代そろい踏みだ。
他にはミシェル・ブーケが憎々しい刑事役で出演。

暗黒街のふたり(1973)フランス・イタリア

Related posts:


投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA