2003/11/10(Mon) 22:47
監督 ウィリアム・サイター
脚本  デルマー・デイブズ マイケル・フェシエ
配役:
フレッド・アステア …. Robert Davis
リタ・ヘイワース …. Maria Acuna
アドルフ・メンジュウ …. Eduardo Acuna
イソベル・エルソム …. Maria Castro
レスリー・ブルックス …. Cecy Acuna
アデラ・マーラ …. Lita Acuna
ザビア・クガート …. Himself
アルゼンチンのお話。
長女の結婚式で出会った、ニューヨークのダンサー・ロバートと次女マリア。
第一印象は最悪だった。
ある日、彼女の元に求愛の手紙が届く。すっかりその気になるマリア。
それは父が、行かず後家になりかけている彼女をその気にしようと、しくんだ作戦だった。
その手紙を届けたのがロバート。マリアはてっきり彼が手紙の君だと思いこむ。
仕方なくロバートは、マリアの恋人役に収まることを父親と契約した。
しかし話してみると共通点が多く、いつの間にか、二人に間に本物の愛情が・・・

ザビア・クガートが重要な役で出てくるのだが、演技がうまいのに驚いた。
絵の才能もあるぞ。
リタ・ヘイワースはこの映画(戦時中(24歳))で見ると、ずいぶんと綺麗だ。
モノクロだから、修正してるのだろうか?
一番美しかった時代かも知れない。