名脚本家田村孟の唯一の監督作品。
松竹ヌーベルバーグのスター炎加世子主演。
渡辺文雄津川雅彦共演。
白黒映画である。
地方の小都市の、飯場が舞台だ。
県議の次男坊津川雅彦は、兄を心中事件で失っている。
その心中の生き残りが炎加世子だ。
津川は炎を憎み、嫌がらせを続ける。
一方、炎はどもりの作業員渡辺文雄と結ばれるが、心までは許さない。
実は津川も炎を愛していた。
炎がこの町を出て行くと言ったとき、津川はこの町に残ってくれと嘆願するが、断られる・・・

身内の心中相手を愛してしまう。
おしゃれな若者映画なら今でも通用する主題だが、
親父世代の俳優として見慣れた津川雅彦渡辺文雄がやっていると、
われわれの世代にとしては、少し違和感があった。
また、俳優全体にやる気を感じなかった。
いかにも「演技でアクションしてます」という感じだ。これも演出だろうか?
炎加世子は演出のせいか、大島渚監督「太陽の墓場」ほどのエネルギー感はなかった。
しかし演技力は若干向上していると思った。
津川雅彦の妹役月丘昌美は妙に大人っぽかった。と言うか、子どもらしさに欠ける。
監督田村孟は東大文学部卒、当時は松竹の社員であった。
大島渚監督の脚本を中心に、長谷川和彦監督の「青春の殺人者」、篠田正浩監督の「瀬戸内少年野球団」の脚本も手がける。
この映画だけでは監督として才能があるかどうか、わからないが、本人は二度とメガホンを取らなかった。

悪人志願 1960 松竹

Related posts:


投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA