監督 : 稲垣浩
製作 : 滝村和男
原作 : 吉川英治
脚本 : 若尾徳平 / 稲垣浩
撮影 : 安本淳
音楽 : 団伊玖磨
第一弾・宮本武蔵
キャスト(役名)
三船敏郎 (新免武蔵)
三國連太郎 (本位田又八)
尾上九朗右衛門 (宗彭沢庵)
水戸光子 (お甲)
岡田茉莉子 (朱実)
八千草薫 (お通)
東宝武蔵の第一弾。
三船敏郎は、黒澤映画以上に下手だった。
八千草薫はかなり控えめなお通さんだ。
水戸光子岡田茉莉子のお甲親子が良い味を出している。
又八役は後の東映武蔵で沢庵だった三国連太郎だ。

第二弾 続宮本武蔵
キャスト(役名)
三船敏郎 (宮本武蔵)
鶴田浩二 (佐々木小次郎)
堺左千夫 (本位田又八)
平田昭彦 (吉岡清十郎)
藤木悠 (吉岡伝七郎)
加東大介 (祇園藤次)
水島道太郎(宍戸梅軒)
第2部では苦悩する武蔵と吉岡清十郎が描かれている。
吉岡清十郎は平田昭彦が演じている。
又八が三国連太郎から堺左千夫に交代してる。
実は本位田又八の子孫と出会ったことがある。
某大学病院の看護婦だった。
まだ幼い顔をしていたが、すでにいい年だった。
未婚だが、男の兄弟がいないため、養子をとらされるそうだ。
このとき、ふと思った。
お甲は朱美と姉妹に間違えられたが、彼女のような童顔だったのではないか?
佐々木小次郎役には鶴田浩二が登場した。
この小次郎は相当面白くなりそうだ。
女優では、朱美役の岡田茉莉子が頑張っている。
映画音楽は東映の比ではない。完全に東宝の勝ち。

第三弾 宮本武蔵・決闘巌流島
撮影 : 山田一夫
キャスト(役名)
三船敏郎 (宮本武蔵)
鶴田浩二 (佐々木小次郎)
八千草薫 (お通)
岡田茉莉子 (朱美)
上田吉二郎(阿巌法師)
志村喬 (長岡佐渡)
佐々木孝丸(岩間角兵衛)
瑳峨三智子 (娘お光)
宮本武蔵第三部にいたって、佐々木小次郎がフィーチャーされている。
小次郎と武蔵と決闘の日が決まるが、折り悪くその日、小次郎の細川家への士官が決まり、武蔵は小次郎に一年の間を取って再び相まみえようと、一旦別れる。
武蔵は祖国にお通と落ちついた。
この田圃を耕しているところを、祇園藤氏の陰謀で焼き討ちを掛けられるが、賊は成敗する。
そしていよいよ一年が経った。
二人はそれぞれの思いを抱き小倉に出向いた。

東映の「宮本武蔵」は冗長だ。
それと比べてコンパクトな東宝作品を推す。
鶴田・小次郎の方が少し美味しかった。
三船・武蔵は相変わらずって感じ。
上田吉二郎は、内山信二そっくりだったな。
あの高笑いを彼もマスターすれば、長くこの世界にいられるぞ。