2003/10/15(Wed) 22:49
キャスト 田中絹代 高峰秀子 山村聡 上原謙 高杉早苗 笠智衆 堀雄二
監督 小津安二郎
製作 児井英生 / 肥後博
原作 大佛次郎
脚本 野田高梧 / 小津安二郎
撮影 小原譲治
音楽 斎藤一郎
東宝争議後の新東宝時代に撮った、小津のシリアスメロドラマ。
「宗方姉妹」と書いて、むねかたきょうだいと読む。

宗方姉(田中絹代)と妹(高峰秀子)は、京都の父親(笠智衆)のもとへ出かける。
実は医者から父の寿命があと一年と告げられたのだ。
姉妹は東京の家に戻った。
姉の亭主・三村(山村聡)はインテリだがニヒリスト。
しかも失業中であり、何かと姉妹に嫌がらせをする。
姉には結婚前に好きだった男、田代(上原謙)がいた。
三村は田代の存在を腹立たしく思っていた。
姉は喫茶店をやっていた。
そこが大家から立ち退きを迫られる。
姉は思いあまって田代に援助を求める。
田代は二つ返事で金を貸してくれたが、面白くないのが三村。
大げんかになり、結局田代の勧めてくれた資金繰りを断る羽目に。
店を潰してしまったが、それでも三村は収まらず、離婚話を持ち出す。
姉も決心した。「別れよう。」
喜々として田代の元へ急ぐ姉。
しかし、二人は結ばれる運命ではなかった・・・

話の筋書きを書くと、高峰秀子が全然出てこないようだが、前半戦は大活躍だ。
姉が人妻なので、代わりに姉の恋人・上原謙との絡みが多い。
田中絹代はこの後も小津作品に出てくるから、イメージ通りの演技だった。
しかし秀子は思った以上に小津作品に嵌っていたなあ。
とてもチャーミングだ。
古風な姉が自立を目指し、結局うまくいかず、ずるずる過去を引きずっている。
その反対の生き方を目指す妹を通して、姉の人生を対照的に描いている。
東宝俳優陣のうち上原は小津に合っているが、山村は合っていない。
あと、高杉早苗は市川猿之助の母だ。

宗方姉妹 1950 新東宝

Related posts:


投稿ナビゲーション


宗方姉妹 1950 新東宝” への1件のフィードバック

  1. ★「宗方姉妹」、女は怖い!★

    「宗方姉妹」 (1950) 日本
    監督:小津安二郎 製作:児井英生 原作:大仏次郎 脚本:野田高梧 撮影:小原譲治 美術:下河原友雄 音楽:斎藤一郎 出演:山村聡 笠智衆 高峰秀子上原謙 田中絹代
    例の如く、ネタばればれなので厳重注意ね。
    怖いですねぇ〜。「初期設定……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA