吉村公三郎、新藤兼人の近映コンビでお送りする松竹映画。
終戦直後、斜陽貴族のお話。

 

安城家の家屋敷が人手に渡ることになった。
最後の思い出に娘の敦子は栄華を誇った古き良き時代を偲んで舞踏会を開く。

当日、家を売らずに済ませたい安城家当主忠彦は資本家の新川を招待して、何とか借金を肩代わりしてもらおうと画策する。
しかし新川は没落した安城家にとっくに見切りを付けていて、安城家の長男と娘の婚約を破棄する。
息子の正彦は新川への復讐に燃え、新川の娘を温室に連れ出し、貞操を奪ってしまう。

滝沢修の老人ぶりが目を見張らせる。
原節子はいつもの通りだっただけに劇団民藝や吉村新藤組ともギャップが凄い。

 

監督 吉村公三郎
脚色 新藤兼人
原作 吉村公三郎
製作 小倉武志
撮影 生方敏夫
出演
滝沢修 (安城忠彦)
森雅之 (正彦)
逢初夢子 (昭子)
原節子 (敦子)
津島恵子
日守新一
清水将夫
神田隆
殿山泰司
空あけみ

安城家の舞踏会 1947 松竹

Related posts:


投稿ナビゲーション