●2002/12/01 Sun   
ウイリアム・ワイラーの初期作。
監督 ウィリアム・ワイラー
原作 シンクレア・ルイス
脚本 シドニー・ハワード
音楽 アルフレッド・ニューマン
出演 ウォルター・ヒューストン(「黄金」) 、ルース・チャタートン 、ポール・ルーカス 、メアリー・アスター 、デヴィッド・ニーヴン (「80日間世界一周」)
夫婦円満で、今まであくせく働いてきた、初老のカップル。
事業からの引退旅行にヨーロッパへ、ふたりで出かけた。
すると妻は金目当ての若い男と出来ちゃって、でも結局別れて帰ってくる。
夫は辛抱強く待っていたのだが、そのうちに愛想を尽かして、自ら最愛の人を見つけて駆け落ちしちゃう。

大して面白くなかった。
でも夫婦というものは、長年連れ添ったとしても、どうなるのか、わからないものだ。
これは一種の熟年離婚だ。
こんな夫婦はもっと若いうちに破綻している筈だと思うだろう。
でも最近、そうとも言えないことがわかってきた。

孔雀夫人 1936 アメリカ

Related posts:


投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA