監督Alan J. Pakula
製作Walter Coblenz
脚本William Goldman
撮影Gordon Willis

 
Casting;
Dustin Hoffman(Carl_Bernstein)
Robert Redford(Bob_Woodward)
Jack Warden(Harry_Rosenfeld)
Martin Balsam(Howard_Simons)
Hal Holbrook(Deep_Throat)
Jason Robards (Ben_Bradlee)アカデミー助演男優賞
Jane Alexander(Bookkeepre)
Meredith Baxter(Debbie_Sloan)
Ned Beatty (Dardis)

 
ウォーターゲート事件を題材に取った実録もの。
他社は狂信的反民主党の反抗だと考えたが、ワシントンポストの記者カールとボブは、共和党内部の犯行と考え事件を追う。
ひとつひとつ証拠固めをして、ついに報道がスタートした。
しかしホワイトハウスは否認する。
さらに記者の命も危なくなる。

 
しかし映画の本筋はここまで。あとはニクソンの就任演説をバックに記者がタイプする様が描かれ、ニクソンが辞任に追い込まれるのをイメージ的に描いてる。
パクラ監督は実話だけに、ドキュメンタリー風に撮りたかったのだろう。
 
大きな事件の割には淡々としていて、当時の映画としては珍しかった。
なかには面白いと言う人もいるだろう。
僕はつまらなかった。

大統領の陰謀 1976 米

Related posts:


投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA