三人娘(美空ひばり、江利チエミ、雪村いづみ)映画第三弾。

第一作の原作者中野実を再び原作に起用した。

舞台は昭和30年過ぎの世田谷・北沢商店街。当時の事は知らなかったが、戦後闇市の名残を強く持っていて、懐かしい感じがした。今は下北沢や笹塚の方がはるかに栄えている。

 

あらすじ

小倉家女中のエリ子(美空ひばり)は、夫人に頼まれ高校の親友で歌手板倉英子の弟子ミチオ(雪村いづみ)を夫人の弟宏(江原達怡)に会わせることになった。宏は高校時代からミチオのストーカーだったのだ。

しかし見合い当日になって、蜂に刺されて宏は病院に担ぎ込まれる。そこでエリ子はミチオに書生京須(宝田明)を宏だと紹介する。

盗まれた財布を警察に届けた縁で、大阪からやって来た行儀見習いのトミ子(江利チエミ)も、京須に好意を抱いている。トミ子は罐詰屋の吉岡(山田真二)と見合いをさせられた。トミ子は気乗りしなかったが、吉岡と母は明るいトミ子に轢かれる。

ミチオが京須とエリ子を見掛けて道路を急に渡った際に、避けようとして本物の宏が自動車事故を起こした。ミチオは騙されていたことにやっと気付くが、そのときは本物の宏を好きになっていて、京須のことなどどうでも良くなっていた。トミ子も吉岡と順調に交際を続けている。一方、小倉家主人の小言を耳に挟み、京須は小倉家を出て行き、それきり行方知れずだ。エリ子は暗い毎日を過ごしていた

エリ子が日本舞踊の発表会で「藤娘」を踊る日、トミ子、吉岡、ミチオ、宏、京須が久しぶりに集まった。かくして、エリ子と京須は互いの気持ちに気付き、トリプルデートと相成った。

 

雑感

この映画の原作者中野実は劇作家であり演劇界(とくに新国劇)の大物らしいが、三人娘映画第一弾「ジャンケン娘」の原作者でもある。当然、この作品は三人娘を意識して書かれた作品だろうが、あまり筆が走らなかったようだ。脚本は単純な勘違いプロットで、恋愛関係をややこしくしただけ。しかもミュージカル仕立ての映画だから、原作者がケチを付けられる内容ではない。

すべてに付けて、前二作と比較すると中途半端だった。東宝独自のシネマスコープだから、見栄えを考えて撮影されたのだろうが、今となってはそれも大したことない。

ミュージカルシーンでも美空ひばりだけが洋楽ではなく、持ち歌「長崎の蝶々さん」を歌っていたが、PVみたいになっていて、「ジャンケン娘」の時代の若々しさがなくなった。雪村いづみだけが、1957年当時日劇ウェスタン・カーニバルなどで流行っていたロックンロールに挑戦して気勢を上げていた。

この後、三人娘の次回作「三人よれば」まで7年も待った。江利も雪村も単独で映画に主演しているのだから、美空ひばりの相手役を気安く引き受けられなかったのだろう。

 

 

スタッフ

監督 杉江敏男
製作 杉原貞雄
原作 中野実
脚色 井手俊郎
撮影 完倉泰一
音楽 神津善行

配役

エリ子 美空ひばり
トミ子 江利チエミ
ミチオ 雪村いづみ
京須 宝田明
吉岡 山田真二
松井宏 江原達怡

岡田浜子 英百合子
岡田妙子 若山セツ子

板倉章太 若原雅夫
板倉英子 草笛光子

小倉三千夫 伊豆肇
小倉葉子 水の也清美

吉岡梅子 浪花千栄子

 

 

大当り三色娘 1957 東宝製作・配給 – 東宝スコープ第一弾映画

投稿ナビゲーション