2004年01月09日(金)  No.102
監督 : Jean Renoir
脚本 : Jean Renoir / Charles Spaak
撮影 : Christian Matras / Claude Renoir
音楽 : Joseph Kosma
Jean Gabin (Marechal)
Dita Parlo (Elsa)
Pierre Fresnay (Boeldieu)
Eric Von Stroheim (Paufenstein)
Marcel Dalio (Rosenthal)
第一次大戦中の脱獄もの。
ドイツの捕虜となった将校マルシャル、ユダヤ人の成金ローゼンタール、貴族出身のボルデュ。穴を掘って脱走する計画を立てるが、実行寸前に他の収容所に移送される。今度の収容所は脱走は困難だ。しかも収容所長はボルデュと仲の良いパウフェンスタインだ。しかしボルデュが良いアイデアが浮かぶ。彼が騒ぎを起こしてドイツ兵士の注意を集めている間に、マルシャルとローゼンタールが脱走したのだ。しかしボルデュは撃たれ、死亡した。
マルシャルとローゼンタールはアルプス越えに挑んでいた。アルプスはクリスマスの頃、雪が降り積もり、寒さが二人を襲う。そんなとき、エルザという女性が助けてくれた。エルザは押さない娘と暮らしていた。二人はサンタに扮してクリスマスを祝った、久しぶりの団らんだった。マルシャルは彼女を残して行くのは、辛かったが、後ろを振り向かずに国境に向けて進んだ。もうすぐ戦争は終わる、もう二度と戦争はなくなる、そうしたらエルザと娘を迎えに来よう、マルシャルは心に誓っていた。
フランスの脱獄ものというと脱走を失敗する「穴」が有名だが、この映画は成功裡に終わる。
大いなる幻影という題だが、二度と戦争をしないことを幻だと言っているのではないか。逃げたってまた戦わなければならない。戦争が終わったって、また始まる。終わることのない永遠の脱走劇だ。考え過ぎか。
「大脱走」と比較すると掘った土の処理に困ったことが似ている。アルプス越えは「大脱走」でも成功していた。