監督 マーヴィン・ルロイ。
出演 スペンサー・トレイシー、フランク・シナトラ
らい病隔離施設のある島が、火山噴火の危機に襲われる。
山の頂上には病気の子供達が取り残された。
トレイシー神父と囚人シナトラ達が自分の身を犠牲にして、子供達を助ける。

キリスト教的犠牲精神に溢れる映画である。
ふと、宮沢賢治「グスコードブリの伝説」を思い出した。

四時の悪魔 (The Devil at 4 O'Clock, 1961, USA)

Related posts:


投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA