2004年01月27日(火)
No.125
監督 : Fritz Lang
製作 : Bert Fried
原作 : Charles Einstein
脚本 : Casey Robinson
撮影 : Ernest Laszlo
音楽 : Herschel Burke Gilbert

 

配役
Dana Andrews (Edward_Mobely)
Rhonda Fleming (Dorothy_Kyne)○
George Sanders (Mark_Loving)
Howard Duff (Lt.Burt_Kaufman)
Thomas Mitchell (Jon_Day_Griffth)
Vincent Price (Walter_Kyne)
Sally Forrest (Nancy_Liggett)

 

 
戦前ドイツの巨匠フリッツ・ラングが戦後のハリウッドで監督した作品。
名優そろいだが、結果は物足りない。

 

 
ニューヨークで深夜一人暮らしの女性が殺された。
新聞社の社長は、この事件を解決したものを専務にさせようと思う。
そこに第二の事件が起きる。新聞記者エドは、犯人が侵入に使ったトリックを見抜く。彼はカウフマン警部補の協力を得て、犯人のプロファイリングを行う。
さらにニュースで犯人を刺激して、彼の恋人のナンシーをおとりに使い、犯人に狙われるようにし向けた。しかしナンシーとエドは喧嘩してしまう。その機会を突いて白昼犯人はナンシーの部屋に侵入を図る。

 

 

ダナ・アンドリュース(我らが人生最良の年)、ロンダ・フレミング(らせん階段、OK牧場の決闘)、ジョージ・サンダース(イブの総て)、トーマス・ミッチェル(駅馬車)、ビンセント・プライス(アッシャー家の惨劇)と主演級を並べた。
だけど失敗作だ。プロデューサーは大損害だったろう。

口紅殺人事件 1956 RKO

Related posts:


投稿ナビゲーション