ドケチな会長、社長の下でほんとうにご苦労様でした。
野球に興奮できたのは、95,96年のオリックス・リーグ連覇が最後でした。
同級生の野村監督には日本シリーズで敗れたが、1つ下の長嶋監督には見事に勝った。
現代によみがえった三原マジックには神戸市民も大いに勇気づけられました。
その活躍は日本だけにとどまらず、門下生が大勢、大リーグへ送り込まれたのも特筆すべきことです。
今後、阪神岡田監督以外にも弟子たちが球界を背負っていくことでしょう。きっと伝統は受け継がれていきます。
ただ、野球人生最後の年を悪役で終わらせたくはなかった。
ファンのことを大切にする人だから、今期にはいって、気苦労が絶えなかったでしょう。
それが病状を悪化させたのではないかと考えます。
景気が良くなってきて、オリックスを含めた、勝ち組の社長たちは増収増益で喜んでいますが、こういう犠牲の上に成り立っていることを忘れてはなりません。

元近鉄・オリックス監督仰木彬氏の死を悼む

投稿ナビゲーション


元近鉄・オリックス監督仰木彬氏の死を悼む” への7件のフィードバック

  1. ラモス、東京V復帰!!?

    ラモスが東京Vの監督に就任しそうなんやって!!来ました来ました〜かつての黄金メンバーが自らチームを率いる・・・最高やね☆また強くて楽しいサッカー作りをして欲しいわ!都並とかにもラブコールしてるらしく、ホンマにフロント陣がかつてのメンツで固められたらJ2やと……

  2. 前オリックス監督…仰木彬氏が死去

    あまりの突然の訃報にびっくり!!…人気ブログランキング←1日1回ワンクリックしてください!ランキングにご協力をお願いできればまことにありがたいことであります!!!
     
     
     
     
     
     
     さて、今回は訃報です。プロ野球の近鉄とオ…….

  3. No.215:通勤

     おはようございます。合併球団オリックスバッファローズの前監督「仰木彬」氏が、呼吸不全のためお亡くなりになられました。近鉄、オリックスの監督時代に「野茂英雄」「イチロー」というメジャー選手を育て上げ、選手の個性を生かした「仰木マジック」で両チームを優勝に導きま…

  4. ◆訃報 仰木彬氏死去

    オリックス前監督の仰木彬氏(70)(オリックス・シニアアドバイザー)
    15日午後4時10分、肺がんのため福岡市内の病院で死去した。
    近鉄、オリックスの監督として3度のリーグ優勝、オリックス時代の
    平成8年にはイチロー(現マリナーズ)を擁して日本一。
    幾多の栄光を築き上げた名将の死。
    プロ野球界の功労者がまた一人、帰らぬ人となった。
    仰木マジックで昭和63年10月19日の川崎球場での
    近鉄−ロッテとのダブルヘッダーは、歴�…

  5. 仰木氏逝去。

    前オリックス監督の仰木彬氏が死去
    福岡市内の病院で。肺ガンだそうです。
    チャンネルを回していたら、どこかの番組でテロップが出て。
    まさか・・・と思いましたが、NHK『ニュース10』の最後で、そしてTBS『ニュース23』の冒頭で、そう伝えられました。
    ちょっと今、言葉が出ません・・・。
    ご冥福をお祈りいたします。
     <2005.12.16追記>
     イチロー、野茂育てた名将 仰木氏死去 (…

  6. 仰木彬前オリックス監督、死去

     プロ野球の近鉄とオリックスで監督を務め、大リーグの野茂英雄投手やイチロー選手らを育てた仰木彬(おおぎ・あきら)さんが15日、死去した。70歳だった。球団関係者が同日、明らかにした。
     仰木さんは福岡県出身。福岡・東筑高卒。54年、西鉄(現西武)ライオン……

ただいまコメントは受け付けていません。