ラブリーデイが貫禄の差し切り勝ち。

重賞の勝ち鞍の数を比べれば、このメンバーでとくに二勝馬サウンドオブアースなどに負けていられない。

他の馬もだらしがない。ほとんどがエリザベスかJCの叩き台だろう。

ではラブリーの天皇賞は?と言うことになるが出走してもJCのことを考えた仕上げになるのではないか?

 

京都大賞典 2015 ラブリーデイ

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA