IMDBによるとジョーン・ヒクソンのミス・マープルシリーズの第3作だった。
原作でも第三作(1950)にあたる。
85年に50分×3回で放送。字幕スーパー。
「殺人お知らせ申し上げます。」という新聞広告がある日掲載される。
しかしそれは、正真正銘の殺人予告だった。
秀作である。
しかし季節感はなかった。
原作はクリスマス後の真冬だったはず。
戦後という感じはすこし出ていた。
—以下ネタばれあり—
ドラ・バンニー役のおばさんが良かった。
筋を知らない人には、てっきり犯人だと思わせておいて、半ば過ぎて殺される。
意外性のある役だった。
この人が殺されてしまうと、もうクリスティ作品では犯人が誰か、決まってしまう(笑)
フィリッパ・エイムズ役のお姉さんに萌えてしまった(笑)
顔はリー・レミック似なのだが、ナイスバディーなのだ。
メイドはハナと呼ばれていたが、原作ではミッチーじゃなかったかな。
クラドック警部(ジョン・キャッスル)とフレッチャー巡査部長(ケビン・ウェイトリー;「主任警部モース」でのルイス巡査部長)のコンビは、第一回「書斎の死体」のスラック警部ほどは成功していなかった。
しかしアメリカのテレビ版「予告殺人」(1956)もみてみたい。
戦前、イギリスの名女優だったグレイシー・フィールズがマープルだろうが、のちのアカデミー賞女優ジェシカ・タンディが犯人ぽいな。
ロジャー・ムーアも出ている。クラドック役だろうか、パトリック役だろうか。
出演
Joan Hickson …. Miss Jane Marple
Ursula Howells …. Miss Lettie Blacklock
Renée Asherson …. Miss Dora Bunner
Samantha Bond …. Julia Simmons
Simon Shepherd …. Patrick Simmons
Nicola King …. Phillipa Haymes

予告殺人 アガサ・クリスティ BBC ミステリチャンネル

Related posts:


投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA