ベートーベンの伝記映画。
バーナード・ローズが監督脚本。
ヨーロッパの俳優を主に使っている。
ベートーベン(ゲイリー・オールドマン)の遺言の宛先は誰か?
弟子シンドラー(ジェローン・クラッベ)が、ベートーベンに関わった女性達(ヴァレリア・ゴリノ、イザベラ・ロッセリーニ、ヨハンナ・テア・スーグ)を訪ね、彼の人生最大のなぞを解く。

最後の交響曲第九番「合唱」の初演シーンは感動的。
ミステリ映画としては、途中で答えはわかってしまったので、あまり面白くない。
しかしショルティによるベートーベンの演奏は楽しめた。
共演はロンドン交響楽団、ヨー・ヨー・マ、エマニュエル・アックス、マレイ・ペライアら当代一流の演奏家である。
その意味では見事な音楽映画だ。

不滅の恋 1994 アメリカ

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA