ゴジララドンモスラそしてキングギドラだあああ!!
監督 : 本多猪四郎
製作 : 田中友幸
脚本 : 関沢新一
撮影 : 小泉一
特撮監督 : 円谷英二
音楽 : 伊福部昭
キャスト(役名)
夏木陽介(進藤)
小泉博 (村井)
星由里子 (直子) ○
若林映子 (サルノ王女)○
ザ・ピーナッツ伊藤エミ (小美人)
ザ・ピーナッツ伊藤ユミ (小美人)
志村喬 (塚本博士)
伊藤久哉 (黒眼鏡)
平田昭彦 (沖田課長)
佐原健二 (金巻班長)
日本にゴジララドンが現れ、箱根で大げんか。
さらに宇宙からキングギドラが日本に攻め込んでくる。
INFANT島の小美人二人組はモスラを呼び「ともにギドラと戦おう。」と、ゴジラとラドンを説得に掛かる。
ついに説得が成功しそうになるが、最後のところで決裂。
モスラだけが果敢にギドラに闘いを挑む。
それを見たゴジラとラドンは、チビだけに地球を任しておけるかと加勢するのだった。
ラドンがモスラをオンブする攻撃が凄い。
すっかり繭だらけになったキングギドラは大宇宙に退散するのだった。

星由里子がきれいだが、ショートなので最初は誰かわからなかった。
若林映子(アキコ)は海外映画の経験も豊富であり、ここでもある国のお姫様を演じる。
それが飛行機爆破事故に巻き込まれ、金星人になっちゃった。
最後のシーン、若林が元の王女に戻りSP夏木陽介に感謝を述べるあたりローマの休日のぱくりである。

三大怪獣 地球最大の決戦(1964) 東宝

Related posts:


投稿ナビゲーション


三大怪獣 地球最大の決戦(1964) 東宝” への0件のフィードバック

  1. ギドラ登場

    三大怪獣 地球最大の決戦より。
    このシーンはいいですね〜。
    ゴジラ映画史上最高の名場面のひとつです。
    関係無いけど本日は京都に行ってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA