2003/11/05(Wed) 10:20
監督
ジャン=リュック・ゴダール
出演
ローリング・ストーンズ
アンヌ・ヴィアゼムスキー
イアン・クォリアー
フランキー・ダイモンJr.
五月革命のさなか、ゴダールがフランスを離れ、ローリングストーンズのために、撮った記録映画。
ストーンズの練習風景(「悪魔を憐れむ歌」)と、アナーキストが処刑しているシーン、女優のインタビュー(のようなシーン)などが、交錯する。
つながりはなく、感動はゼロだ。
イギリス人にこれがヌーベルバーグだぞと言いたかったんだろうが、ビートルズの「ハードデイズナイト」の方が良かった。
しかし、ブライアン・ジョーンズがギターを弾いているシーンは、ファン必見。