監督Robert Zemeckis
製作Michael Douglas
脚本Diane Thomas
 
Cast:
Michael Douglas (Jack_Colton)
Kathleen Turner (Joan_Wilder)
Danny DeVito (Ralph)
Zack Norman (Ira)
Alfonso Arau (Juan)
 

「シャレード」的な冒険活劇。
初めてノーカットで見た。
当然ながら面白かった。
 

コロンビアへ行った姉から女流作家ワイルダーに、救いを求める電話が掛かる。
ラルフらに捕まったので、ある地図をここまで持ってきて欲しいという。
ワイルダーは地図を持って早速コロンビアへ行くと、早くもなぞの人物に襲われる。
それを助けたのが、これもなぞのアメリカ人コルトン。
コロンビアの奥地で二人の大冒険が始まる。
 


 

キャサリン・ターナーは特に美人だとは思わないが、当時は色気があった。
最初はださいおばさん。
それが次第に色気づいて洗練される。
お約束のムフフ・シーンもあり、楽しめる。
 

マイケル・ダグラスは毎度のプロデューサー兼主演、金儲けのうまい人だ。
当時、日本ではコロンビアの問題は、それほどメジャーじゃなかったはず。
この映画を見ても本当の深刻さは感じなかったと思う。

ロマンシングストーン 秘宝の谷 1984 米 

Related posts:


投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA