2004年02月02日(月)  No.135
監督 Aki Kaurismaki
製作 Aki Kaurismaki
原案 Aki Kaurismaki / Sakke Jarvenpaa / Mato Valtonen
脚本 Aki Kaurismaki
撮影 Timo Salminen
音楽 Mauri Sumen

キャスト:
Leningrad Cowboys
Matti Pellonpaa (Moses)
Kari Vaananen 
Andre Wilms (Johnson、CIA)

強烈なナンセンス・ロードムービーと言おうか?
聖書のパロディでもある。
途中カウボーイズの素晴らしい(?)演奏をたっぷり楽しむことが出来る。
音楽だけならブルースブラザーズも真っ青だ。
大人数でブラスも入ったスカロックというところ。
しかしその間の演技は、間と言おうか淡々とした感じで、こっちは笑おうとして待っているのにスカされることばっかり。
アキ・カウリスマキ監督のいつものペースだ。

小津安二郎監督の作品をヨーロッパ人が見たら、こういう感じなのかなあ。
日本の若い連中が見てもこういう感じかも知れぬ。
何か世代ギャップを感じる。

レニングラード・カウボーイズはフィンランドの人気バンド。ソ連の合唱団とコラボレーションしたり、アメリカに乗り込んだり大活躍だ。