今回は三谷幸喜(やっぱり猫が好き、古畑任三郎、王様のレストラン)が書き、東京サンシャインボーイズが演じた戯曲を三谷自身が演出、映画化した「ラヂオの時間」。
西村雅彦や梶原善ら東京サンシャインのメンバーも出演している。
畳み込む勢いは舞台そのもの。
三谷ファンは必見だ。
作品は、昔は誰もが心を躍らせた、「ラジオドラマへのオマージュ」だ。
主婦みやこ(鈴木京香)の書いたラブストーリーが、深夜ラジオの生番組で放送されることになった。
本番直前になって、ヒロイン役の女優(戸田恵子)が役名を変えてくれと、ごねる。
プロデューサーの牛島(西村雅彦)は、敢えて役名をりつこから、メアリージェーンに変える。
ところが、そうなると舞台を伊豆からシカゴに替えたり、仕事を漁師から宇宙パイロットに替えたり、と次々に変更を余儀なくされる。
番組がスタートしてからも、様々な矛盾点や、スポンサーのクレームが見つかり、
次々と変更されていく内に、いつの間にか話はオリジナルが見る影もない。
ドラマを、妻みやこの浮気話と誤解した亭主の乱入があったり、音響効果のテープが使えず、昔ながらの手法で音を作ったりと、どたばたが続く。
自分の関知しないところで、次々とストーリーが、すり変えられていく様子に、みやこの怒りは頂点に達する。

設定としては、面白くも何とも無さそうな話なのだが、これが三谷作品となると、笑ってしまう。
しかもげらげらではなくて、くすくす笑ってしまう。
何がおもしろいのか、自分でもよくわからないのだが、気付いたら笑っている。
ラジオのスタジオに大勢の人間が押し込められて、右往左往している様は三谷得意の密室ものだ。
(古畑任三郎でも桃井かおりをゲストに迎えた回で、ラジオDJものをやっていた。)
映画に出演している俳優では、ナレーター役を演じる並樹史郎(NHKドラマ「おしん」の夫役)の怪演が光った。
それから、音響効果マンだったガードマンを演じる、藤村俊二も捨てがたい。
さらにみやこの作品を片っ端から脚色してしまう、怪しい放送作家役のモロ師岡も際だっていた。

ラヂオの時間 (1997, 日本)

Related posts:


投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA