2011年のパリで撮影したスペイン・アメリカ合作による歴史ファンタジー映画
2010年のパリにやって来たアメリカ人が、1920年代のパリにタイム・リープする。
ウディ・アレンが脚本と監督を務め、第84回アカデミー賞脚本賞を受賞した。

主演はオーウェン・ウィルソン
共演はレイチェル・マクアダムス、レア・セドゥ、カート・フラー、カーラ・ブルーニ。カラー映画。

あらすじ

2010年、ハリウッドの映画脚本家であり処女小説を執筆中のギル・ペンダーは、婚約者イネスやその両親と一緒にパリを訪れる。二人は、イネスの友人ポールと遭遇し街を歩く。ギルは、知識をひけらかすポールが嫌いだった。

真夜中になりギルは、一人でパリを彷徨う。突然、クラシック・カーが停まり、古めかしい格好をした人がギルをパーティに招待する。それは、1920年代にジャン・コクトーによって開かれたパーティーで、コール・ポーターやF・スコット・フィッツジェラルドと妻ゼルダがいた。フィッツジェラルド夫妻と入ったバーには、あのアーネスト・ヘミングウェイがいた。ギルは、書いた小説を読んで欲しいと依頼すると、ヘミングウェイは「代わりにガートルード・スタインを紹介しよう」と答えた。

翌日、イネスを誘うが、真夜中になる前に彼女は飽きてしまい、先に帰る。すると真夜中の鐘とともに迎えの車が現れた。ヘミングウェイと一緒にスタインの家へ行くと、パブロ・ピカソと愛人アドリアナがいた。アドリアナを見たギルは、一目惚れする。

翌日は、イネズたちと蚤の市に出かける。古い時代のレコードが流れて来て、その店員ガブリエルと出会う。
その夜、ギルはアドリアナに再会する。しかし、アドリアナはギルに婚約者がいることを知ってしまい、機嫌が悪くなる・・・。

雑感

お洒落なファンタジー映画。
歴史や美術、ローリング・トウェンティーズ文学を愛する人には堪らない内容だ。
1920年代の(禁酒法時代のアメリカを避けて)パリに集った有名芸術家たちが真夜中を迎えるたびに主人公の前に現れる。

筆者は、ウディ・アレン監督の作風とは合わないと思っていたが、この作品に限っては良い意味で裏切られた。興行成績は彼の作品の中で最高だから、映画を観に行った人たちも筆者と同じく今までウディ・アレンを避けている人たちだったのだろう。

マリオン・コティヤール(「エディット・ピアフ 愛の讃歌」「サンドラの週末)、レイチェル・マクアダムズ(「きみと読む物語」「恋とニュースの作り方」)とレア・セドゥがトリプルヒロインを演じている。どれもあまり趣味ではないが、レア・セドゥはこの2年後、「アデル・ブルーは熱い色」でカンヌ映画祭パルム・ドールを受賞したから、注目しましょう。
でも主人公は、フランスのサルコジ元大統領の妻カーラ・ブルーニ(美術館ガイド役)と一緒になったら、もっと面白かったのにね。

 

スタッフ

監督・脚本  ウディ・アレン
製作  レッティ・アロンソン、スティーヴン・テネンバウム、ジャウメ・ローレ
製作総指揮  ハビエル・メンデス
撮影  ダリウス・コンジ

 

キャスト

ギル・ペンダー  オーウェン・ウィルソン
イネス(婚約者) レイチェル・マクアダムス
ジョン(イネスの友人) カート・フラー
ヘレン(ジョンの婚約者) ミミ・ケネディ
美術館ガイドの女性   カーラ・ブルーニ(サルコジ元大統領の夫人)
ガブリエル   レア・セドゥ

(過去の人々)
コール・ポーター  イヴ・エック
ゼルダ・フィッツジェラルド   アリソン・ピル
F・スコット・フィッツジェラルド  トム・ヒドルストン
ジョセフィン・ベイカー   ソニア・ロラン
アーネスト・ヘミングウェイ   コリー・ストール
ガートルード・スタイン  キャシー・ベイツ
パブロ・ピカソ   マルシャル・ディ・フォンソ・ボー
アドリアナ(ピカソの恋人)   マリオン・コティヤール
サルバドール・ダリ  エイドリアン・ブロディ
マン・レイ   トム・コルディエ
ルイス・ブニュエル   アドリアン・ドゥ・ヴァン
T・S・エリオット  デイヴィッド・ロウ
アンリ・マティス  イヴ=アントワーヌ・スポト
マキシムの女将   カトリーヌ・ベンギギ
ロートレック   ヴァンサン・マンジュ・コルテス
ポール・ゴーギャン   オリヴィエ・ラブルダン
エドガー・ドガ    フランソワ・ロスタン

***

翌朝、ギルは蚤の市でガブリエルと再会し、二人で盛り上がる。その店の古本に中にアドリアナの書いた本を見つけ、彼女が実はギルに気があったことを知る。
真夜中、三たびアドリアナと出会い、ギルは彼女と結ばれる。すると彼らの前に古風な馬車が止まり、ある場所に誘う。酒場には、かのロートレックがいた。この時代のパリは、ベル・エポック(1890年代)だった。アドリアナは、憧れの時代に来たことを大喜びした。ギルは、誰しも過去に憧れを抱く者だと言って、アドリアナを説得するが、彼女の決心は固く、二人はそれきり別れる。
1920年代に戻ったギルは、傷心のままスタインに会いに行く。彼女は、彼の書いた小説を褒めてくれたが、主人公の婚約者は浮気していると告げる。ギルは私小説を書いていたので、イネズの心が離れていることをとっくに察していたのだ。

翌朝ギルは、イネズにポールと浮気しているかと問い質す。イネズはこれを認めて、二人は別れる。
ギルがパリの街を散策しているとガブリエルと再会する。雨が降ってきた。ガブリエルは、パリは雨が一番素敵と言った。二人は街の中に消えていった。

ミッドナイト・イン・パリ Midnight in Paris (2011) カタルーニャテレビ(スペイン)+メディア・プロ他製作 米ソニー配給 ロングライド国内配給

投稿ナビゲーション