BBC1984年,
ジョーン・ヒクソンのマープルもの第一弾。
約50分×3話からなる字幕版である。
ミステリ・チャンネルで放送済だが、このエピソードは見ていなかった。
アガサ・クリスティはジョーン・ヒクソンに「あなたが年を取ったら、ミス・マープルをやって欲しい」と言ったそうだ。
そう言えば、名探偵コナンの作者青山剛昌もヒクソンに似た、あごのないおばあさんをマープルに似たばあさん探偵にしている。
世間はジョーン・ヒクソンのミス・マープルを愛したのだろう。
俺はアメリカ人の、ヘレン・ヘイズがいい。
さらに八千草薫もなかなかいいと思う(笑)
バントリー大佐は頑固な英国紳士そのものだったが、原作でのイメージとは違った。
バントリー夫人は考えているより、はるかに美人だった。
メルチェット大佐は、ミス・マープル寄りの人物に描かれていたが、ヘンリー卿とキャラが重なった。
スラック警部(デヴィッド・ホロヴィッチ)は、原作ではさほど目立たなかったが、ドラマでは「牧師館の殺人」並に活躍していた。
実に美味しいキャラである。
ジョージーは、お約束通りの配役だ。
時代考証は合っているのだろうか?
すこし時代に幅があるようだ。
もともと原作も1942年に書かれているが、戦争中とは思えない平和な設定だった。
出演
ジョーン・ヒクソン、デビッド・ホロビッツ、グウェン・ワトフォード(バントリー夫人)、フレデリック・イェーガー(メルチェット大佐)、トルーディー・スタイラー(ジョージィ)

ミス・マープル 書斎の死体 アガサ・クリスティ ミステリチャンネル

Related posts:


投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA