2003/11/07(Fri) 22:58
監督 : ハロルド・ベッカー
製作 : ブライアン・グレイザー / カレン・ケーラ
製作総指揮 : ジョゼフ・M・シンガー / リック・キドニー
原作 : ライン・ダグラス・ピアソン
脚本 : ローレンス・コナー / マーク・ローゼンタール
撮影 : マイケル・セラシン
音楽 : ジョン・バリー
キャスト(役名)
ブルース・ウィリス(Arthur ‘Art’ Jeffries)
アレック・ボールドウィン(Nicholas Kudrow)
マイコ・ヒューズ(Simon Lynch)
チィ・マクブライド(Thomas ‘Bizzi’ Jordan)
キム・ディケンス(Stacey)
「ペリカン文書」にひとひねりを加えたサスペンス。
NSA(国家安全保障局)がクイズ雑誌に仕掛けた暗号をサイモン少年が解いてしまった。
サイモンは自閉症だったので、感覚が異常に発達していたのだ。
NSAのクードローは殺し屋を使い、サイモンの両親を抹殺するが、サイモンには逃げられる。
サイモンを保護したのは、FBIのアート捜査官。
病院でも殺し屋に襲撃され、アートとサイモンはあてのない逃避行にでる。
FBIの証人保護プログラムが発動するが、サイモンを待ち受けていたのは、クードローだった。

マイコ・ヒューズは障害を持った子役を演じており、実にうまい。
この手のサスペンス映画では、子役がうますぎると、全体としては失敗作になっちゃう。
とくに、ブルース・ウィリスと芝居がかみ合わってない。
しかしこの失敗を受けて、「シックス・センス」が生まれたのだから、世の中わからない。
アレック・ボールドウィンは、いつの間にか太っていた。
もう少しほっそりした方が、よかったんじゃないか?
シャープな方が、悪役には良いと思うけどなあ

マーキュリーライジング 1998 米国

Related posts:


投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA