東野圭吾ミステリー小説マスカレード・ホテル」シリーズ第1作を「HERO」の鈴木雅之監督が映画化したミステリ映画
連続殺人事件の犯人が、次に高級ホテル「ホテル・コルテシア東京」で犯行を起こすと予告状を残したことから、ホテルマンに扮した刑事が本物のホテル・クラークと事件の謎に迫る。
主演は、刑事役は初挑戦となる木村拓哉とホテル・クラーク役の長澤まさみ

共演は小日向文世、梶原善、松たか子、鶴見辰吾、篠井英介、石橋凌、渡部篤郎

あらすじ

三件の連続殺人事件が発生した。現場に残された暗号から、次の犯行は高級ホテル「ホテル・コルテシア東京」と警察は断定した。早速、新田浩介ら刑事数名が、ホテルマンを装って潜入捜査することになった。
フロント係に任命された新田の教育係にはフロントクラークの山岸尚美があたる。
山岸は、接客よりも事件解決を優先させる新田と反りが合わず衝突する。

片桐遥子という視覚障害者の老女性が訪れた。新田は片桐が手袋をつけていることから、片桐は本当は目が見えると推理した。しかし、山岸はホテルのルールには反していないからと何も尋ねず接客を続けた。
彼女のチェックアウトの際、彼女は山岸に自分は目が見えること、近く上京する視覚障害者の夫のために下見で来たことを明かし、山岸の接客を絶賛した。

一方、元相棒の品川警察署刑事・能勢と連絡を取っていた。能勢は第1の被害者である岡部哲晴が人妻と不倫していたという情報を知らせた。また新田は指名されたらホテルマンはホテルの部屋に行かなければならないことを知り、犯人は従業員をターゲットにしている可能性もあると考えた。
新田は山岸に、極秘情報を話した。新田は犯人は従業員も標的にしている可能性があり、逆に部屋に自由に出入りできる従業員の可能性もあると伝えると、山岸は怒ってしまう。

新田は、昔の教育実習生と再会したことから、最初の岡部殺人事件のヒントを得た。新田の推理は的中し、容疑者のアリバイを崩すことができた。容疑者のパソコンから、ある闇サイトにアクセスしたことがわかった。そして第二の殺人事件の容疑者も、その闇サイトで繋がっていた。この闇サイトを主催する人物が、このホテルで次の犯行に及ぶことが考えられた。捜査本部は、このことをホテルに伏せておくことにした・・・。

雑感

東野圭吾の原作小説発売直後に読んでいたが、やたらと複雑なトリックのせいで、すっかり細部を忘れていて、映画のラストで「ああ、そうだったか」と思い出す始末だ。
でもあらすじは、同じ東野圭吾原作の連作短編集「新参者」(阿部寛主演でTBS「日曜劇場」でドラマ化された)とあまり変わらない。色々な出会いがあり、唐突に犯人に近づいていくプロットが、ほぼ同じである。

主演の木村拓哉は、フジテレビの映画「HERO」「HERO2」の時より、さらに顔が老けている。長澤まさみとコンビを組ませるのは少しかわいそうだった。それこそ、松たか子とコンビを組ませた方が良かったのではないか。

長澤まさみは、このような大作映画の主演を張り、現在の東宝の屋台骨を支えている感がある。その割に演技力が伸びない。これは、東宝芸能の女優に須く言えることだ。東宝の望んでいる演技をするのが上手になっていくだけだ。少し残念。園子温監督の新作に貸し出したらいいのに。

スタッフ

監督  鈴木雅之
脚本  岡田道尚
原作  東野圭吾「マスカレード・ホテル」
音楽  佐藤直紀
製作  石原隆、木下暢起、藤島ジュリーK.、市川南
エグゼクティブプロデューサー  臼井裕詞
プロデューサー  上原寿一、和田倉和利
アソシエイトプロデューサー  日高峻
撮影  江原祥二

キャスト

新田浩介:木村拓哉
山岸尚美:長澤まさみ
能勢:小日向文世
本宮:梶原善
関根:泉澤祐希
久我:東根作寿英
川本:石川恋
綾部貴彦:濱田岳
高山佳子:前田敦子
大野浩一:笹野高史
古橋:髙嶋政宏
安野絵里子:菜々緒
館林光弘:宇梶剛士
森川寛子:橋本マナミ
政治評論家:田口浩正
女装男:勝地涼
栗原健治:生瀬勝久
片桐瑶子 :松たか子
松岡高志:水間ロン
大竹:明石家さんま(友情出演)
田倉:鶴見辰吾
尾崎:篠井英介
藤木:石橋凌
稲垣:渡部篤郎

***

ホテルで結婚式と披露宴を開く高山佳子が打ち合わせに訪れた。山岸が友人から送られたプレゼントのワインを高山に渡そうとするが、不審な点を認めた新田はそれを奪い取り鑑定に回す。高山は、ストーカー被害に悩まされていた。警察は、高山が第四のターゲットと考えた。

新田と能勢は、改めて一連の事件を整理する。第一の事件の犯人は被害者の同僚および不倫相手、第二の事件の容疑者は被害者の夫だったが、第三の事件は容疑者を特定できていない。新田は、不連続殺人事件に見立てた連続殺人事件と推理した。
能勢は、早速手がかりを掴んで名古屋へ行って、一か月前に発生した別の事件を洗い直していた。その事件の被害者・松岡高志の死体に注射痕があり、殺害に使われた薬物は高山に贈られたワインに混入された筋肉弛緩剤だった。
高山の披露宴が、いよいよ始まった。怪しい女装男を取り押さえるが、男は高山に手紙を渡すよう依頼されただけと白状した。その手紙には、第一の殺人現場を意味する暗号が書かれていた。

能勢は、松岡が所属していた劇団のポスターを新田に送った。そこには盲目に化けていた片桐の姿があった。片桐は再びこのホテルを訪れており、山岸に案内してもらい部屋に入った後に、彼女を拘束した。
片桐の正体は長倉麻貴と言い、山岸が一年前に追い返した客だった。松岡の子を妊娠していた長倉は、松岡の部屋番号を聞き出そうとしたのだが、山岸に拒否され、外で一晩待つ内に流産した。恨みに思った長倉は松岡を殺し、山岸も殺そうと決意した。長倉は闇サイトを主宰し、四つの事件に関わり、現場に暗号を残させた。
異変に気付いた新田は、山岸を探して回るが、長倉は山岸を連れて風呂場に隠れており、新田は一旦部屋を出る。長倉は、山岸に筋肉弛緩剤の入った注射器を刺そうとした途端、新田が背後から長倉を現行犯逮捕し、山岸を助けた。新田は、山岸がいつも直している机の文鎮がずれたままなのに気づき、長倉の存在に気付いた。
他の事件の犯人も順次逮捕され、事件は解決した。

マスカレード・ホテル 2019 フジテレビ製作 東宝配給 東野圭吾の推理小説の映画化

投稿ナビゲーション