チョン・ジュノ主演
監督キム・ドンウォン
ハン・ヒョジュ、キム・サンジュン(ボス役)共演
「マイボス・マイヒーロー」は日本でドラマ化(長瀬智也主演。新垣結衣の出世作)されたが、元々はこの第一作(2001)がオリジナルである。
本作では、将来ヤクザの親分を約束されているチョン・ジュノが大学四年生になり、卒業するため、教育実習に派遣されるところから始まる。
映画自体は大変面白かった。
設定が奇抜だ。
でも編集が下手。場面のつながりが悪すぎる。
主人公のチョン・ジュノは、日本では時代劇に似合いそうな顔立ちだ。
援助交際しているヒロインのハン・ヒョジュ(春のワルツ)は新鮮だった。若い頃の原田知世を彷彿とさせる。
脇役陣もよかった。
とくにボス役のキム・サンジュンがなかなか渋い。

マイボスマイヒーロー2リターンズ 2006 韓国

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA