2001/12/25 The Pelican Brief
監督脚本:アラン・J・パクラ
原作:ジョン・グリシャム
出演:ジュリア・ロバーツデンゼル・ワシントン
サム・シェパードジョン・ハード
トニー・ゴルドウィン、ロバート・カルプ
スタンリー・トゥッチ、ヒューム・クローニン
ジョン・リスゴウ
最高裁判事暗殺事件と大統領の陰謀に関わるサスペンス映画。
二時間二十分の劇場サイズをはじめて見たが、やっぱり面白くなかった。
ジュリア・ロバーツがたまたま立てた、事件解決の仮説が大当たりで、そのために命を狙われる。
デンゼル・ワシントンは敏腕記者で、彼女を助け真相をつかむという筋。
ありきたりなんだから、アクションシーンで、面白がらせてくれなくてはダメ。
でもまったく陳腐。
グリシャム作品に多いことだが、脚本が良くない。
原作の筋を追いすぎて、間延びしている。
とくに小説では気が付かなかったミスを映画にしてみて、初めて気づくこともある。
実際は、根本的に作り直す必要があったと思われる。

ペリカン文書 1993 ワーナー

Related posts:


投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA