●2002/11/16 Sat  
監督ジョージ・キューカー
出演ケーリー・グラント、キャサリン・ヘップバーン、ジェームス・スチュアート
グレース・ケリー、ビング・クロスビー、フランク・シナトラ主演「上流社会」のオリジナル版。
グラントとヘップバーンは元夫婦。スチュアートが新聞記者の役だ。
マスコミはC.ヘップバーンの再婚をスクープしたい。
別れた夫(ケーリー・グラント)をえさにして、新聞記者(J.スチュアート)を潜り込ませる。
しかし再婚の前日にヘップバーンは、酩酊してスチュアートとキスしてしまい、一騒動起きる。
華やかなリメイク作品「上流階級」とちがい、オリジナルは地味な映画だった。
とくにケーリー・グラントの調子が悪い。
この映画では、意外にもヘップバーンではなく、ジェームズ・スチュアートがアカデミー主演男優賞を取った。