監督 : Ludwig Berger / Michael Powell
製作 : Alexander Korda
原作 : Lajos Biro
脚本 : Miles Maleson
撮影 : Georges Perinal
Conrad Veidt (Jaffar)
Sabu (Abu)
June Duprez (Princess)
John Justin (Ahmad)
Rex Ingram (Djinni)
バグダッド王アーマッドは宰相ジャファル(実は魔法使い)のたくらみで投獄される。
「バグダッドの盗賊」(アブウ少年)に助けられ南の港町バスラへ。
そこで彼は絶世の美女(と言う設定)と出会う。
アーマッド王はたちまちその姫と恋に落ちる。
そこにもジャファルが来て、嫌がる姫と婚約する。
しかもジャファルの魔法で王は盲目にされ、アブウは犬にされる。
姫は船で連れ出され、愛するアーマッド王の魔法を解くためジャファルに身を委ねる。
元に戻った王とアブウは姫を追うが、難破して、アブウだけ海岸に漂着した。
彼は巨人ジニーに出会い、千里眼が隠されているという寺へ。
見事千里眼を盗み出したアブウは、王を見つけることが出来た。
王は、巨人にのって宮殿にかけつけたが、捕えられる。
千里眼で見ていたアブウは、千里眼を岩に投げつけた。すると・・・

アラビアンナイトもの。
ダグラス・フェアバンクスの名作無声映画をリバイバルしたものらしい。
イギリスお得意の色彩映画。
ご存じパウエル・バーガーのコンビだ。
当時はどういう世代がこの映画を楽しんでいたのだろうか?
もうじきドイツからミサイルが飛んで来るというのに。
王様お姫様はイラク人という設定だが、もちろん俳優は白人。
サブウは名前からして印度系かな。
でもこの時期の英国映画は、なぜか発音に癖を感じない。
2003年12月31日(水)  No.84