ミラ・ジョボビッチの魅力にオンブでダッコの、SFホラーアクション映画。
英国、フランス、ドイツ、アメリカが出資している。
しかし影のプロデューサーは、ゲームメーカーのセガだ。
原題は”Resident Evil.”
いわゆるゾンビものだ。
途中まで押さえ気味だった、主演ミラ・ジョボビッチが突然暴走し始めて、大笑いしてしまう。
最後は裸で大暴れ。
監督は、どう見てもゲーマーにしか見えないポール・アンダーソン
どうしてミラは、こんな作品で裸になるんだろうか?
いったいギャラはいくらだったのだろうか?
綺麗なのに、何故ボンドガールの声は掛からないのかな。