2000年02月01日(日) 
ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!」の邦題で1964年に公開されたビートルズの映画初主演作。
当時人気絶頂だった彼らのある1日半の様子を追った擬似ドキュメンタリーだ。
映画「ナック」でカンヌグランプリをとったリチャード・レスター監督の作品。
当時の最先端を行くニューシネマでありアイドル映画である。
ビートルズは音楽界はもちろん、イギリス映画界にも新しい時代をもたらした。

劇中で 「A Hard Day’s Night」、 「I Should Have Known Better」、 「Can’t Buy Me Love」を始めとする全11曲を披露している。

オリジナル・フィルムのネガを完全修復して、デジタル・リマスターを施した本作は、 2000年に再公開された。

ポール・マッカートニーの爺さんがいい味を出している。
そしてリンゴ・スターはいつも虐められているw。

ハードデイズナイト 1964(2000) 英国

Related posts:


投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA