監督 : シドニー・ポラック
製作 :シドニー・ポラック / リチャード・ロス
製作総指揮 : ロナルド・L・シュワリー
原案 : ジュディス・ラスコー
脚本 : ジュディス・ラスコー / デイヴィッド・レイフィール
撮影 : オーウェン・ロイズマン
音楽 : デーヴ・グルーシン
配役
ロバート・レッドフォード(Jack_Weil)
レナ・オリン(Bobby_Duran)
アラン・アーキン(Joe_Volpi)
トマス・ミリアン(Menocal)
ダニエル・デイヴィス(Marion_Chigwell)
ラウル・ジュリア(Arturo Duran) (uncredited)
シドニー・ポラック監督がお気に入りのレッドフォードと組んでキューバを舞台にしたお話。
革命前夜、アメリカ人ギャンブラーと革命家の妻との恋を描く。
ジャックはギャンブラー。
きな臭いキューバで最後の大勝負を望んでる。
そこに現れた美しいボビー。革命家の妻である。
ジャックはその美しさが忘れられない。
ある日キューバ軍がボビーの夫を殺し、妻ボビーも幽閉している事が新聞に載った。
ジャックはコネを使い、ボビーを助け出す。
一旦ボビーは仲間を助けるために戦地に赴くが、ジャックもその後を追う。
ボビーは追いかけてきたジャックと結ばれる。
しかし夫は生きていた。キューバ軍に人質として捕まっていたのだ。
ジャックはボビーを愛するあまり、ボビーをこれ以上悲しませたくない。
彼は一世一代の賭に出た。

レナ・オリンは相変わらず綺麗だ。
ちょうどこのころがピークか。
オードリー・ヘップバーンに面影が似ている。
ロバート・レッドフォードは相変わらずの役。
良いけど、もう年なんだし、無理はそろそろやめたほうが良いんじゃないか?
シドニーの映画らしく、カジノと荒野、それに戦場という感じだった。
ラウル・ジュニアはクレジットされていなかったが、夫役で重要な人だ。
革命の最中もアメリカ人は、脳天気にキューバへ行って遊んでたものだな。

ハバナ Havana 1990 Universal

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA