●2002/11/13 Wed  
監督ロマン・ポランスキー
原作トマス・ハーディ
出演ナスターシャ・キンスキー、ピーター・ファース、レイ・ローソン
田舎娘テスの無知からひきおこす悲劇を描く。
テスは奉公先のアレックに気に入られるが、愛人であることに嫌気がさし、飛び出してしまう。
二人の間には子供が出来ていた。
その子はすぐ死んでしまうが、彼女の人生に大きな傷を残す。
彼女は、牛乳絞りの仕事を見つけ、そこである青年と出会い愛し合う。
母は昔のことを言うなと諭すが、テスは結婚式の夜、つい言ってしまう。
青年は何も言わず去ってしまった。
テスは再び住み込みの仕事に入るが、そんな彼女の前に再びアレックが現れる。

高望みしなければいいのに、少し美人だという意識があると、相手を選んで、結局酷い目に会うという教訓話に見える。
友人が見てショックを受けたという例のシーンは、放送コードにかかり、カットされていた。

テス 1979 UK

Related posts:


投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA