出演
Joan Hickson …. Miss Jane Marple
Geraldine Alexander …. Gwenda Reed
John Moulder-Brown …. Giles Reed
Frederick Treves …. Dr James Kennedy
毎度おなじみのミスマープルもの。
ジョーン・ヒクソン主演、声は山岡久乃。
甥のレイモンド・ウェスト夫妻もちょっぴり登場。
新妻グウェンダ・リードは、ニュージーランドから英国に移住してくる。
偶然手に入れた家の中は、デジャヴーで一杯だった。
さらにロンドンで観劇中、あるシーンで興奮の余り叫び声を上げてしまう。
なぜだろうかと彼女は悩む。
ミスマープルは、敢えてなぞを解こうとしない方が良いと諭す。
ヒロイン(ジェラルディン・アレキサンダー)は快活な美人だ。
ニュージーランドで育った役柄のせいだろうか。
吹き替えた戸田恵子の声が、根っから快活なのだろうか。
誰から情報が出ているか考えれば、犯人に行き着きやすい作品。
原作は作者最晩年に発表されたが、実際はずっと前に書かれていたそうである。