●2002/12/01 Sun  
ねずみが人間の言葉を話したら・・・というファンタジー。
あるお宅に養子として迎えられたのはネズミ・リトルだった。
はじめは、なかなか人間に受け入れられなかったが、いろいろあって、家族の一員として認められる。
そんなある日、スチュアートの実の親と名乗るネズミが訪ねてきた。
キャッツ・アンド・ドッグもそうだが、アメリカはこの手のCGが下手だ。
アメリカの子供は果して、リアリティを感じているのだろうか?
トッポジージョはイタリア生まれで、日本でも30年以上前、凄い人気だった。
スチュアートより、このトッポの方が数段可愛かった。

スチュアートリトル 2000 アメリカ 

Related posts:


投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA