2003/11/03(Mon) 21:38
(監督)ハラルド・ズワルト
(脚本)スタン・シーデル
(製作)マイケル・ダグラス/アリソン・リヨン・シーガン
(製作総指揮)ホイットニー・グリーン
(撮影)カール・ウォルター・リンデンロウブA.S.C.,B.V.K.
(出演)
リヴ・タイラー
マット・ディロン
ジョン・グッドマン
ポール・ライザー
マイケル・ダグラス
「メアリーに首ったけ」よりも、間抜けでブラックな作品。
バーテンダーのランディはある夜、ジュエルという女と懇ろになる。
しかし事が終わると、ジュエルの情夫が現れ、銃を向けた。美人局だ。
店に連れて行かれ、金庫を開けさせられそうになるが、その瞬間、銃声が。ジュエルが情夫を撃ったのだった。
ランディが正当防衛で射殺したことにした。
しかし、デーリング刑事はジュエルに一目惚れして、つきまとうことになる。
さらに従兄弟の弁護士カールも彼女に一目惚れ。何かと親切だ。
さて彼女が狙っていたものは、ランディの自宅だった。
家に入り込んだ、ジュエルは早速インテリアを買い込む。
やがてお金が足りなくなると、昔の美人局に逆戻り。
彼女が男性を誘っている間に、ランディが男の部屋に忍び込み、金目のものを盗み出した。
おかげでランディの家は、ゴージャスに変わっていく。
しかし、ある日彼女が間違って美人局の相手を殺してしまう。
事件にショックを受けた、ランディは、もうこんなことは辞めようと言い出す。
しかしジュエルはそんな彼を見て、気が治まらない。
そこでデーリング刑事とつるんで、ランディを自宅から追い出してしまう。
カールには、裁判で彼女が勝つように、援助を頼む。
ランディは怒った。
母親との思い出が詰った自宅を盗られたのだ。
彼は思いあまって、殺し屋バーマイスターにジュエル殺しを依頼する。

野郎三人いや四人か。手玉に取られる話だ。
最後のドタバタぶりは楽しい。
撃ち合いのBGMがYMCAなのだ。
果たして最後まで生き残るのは誰か?
リブ・タイラーは親父の顔の印象が強いため、日本人好みではない。
結構、太めだ。女性にも嫌われるタイプだと思う。
それより、マイケル・ダグラスのリーゼント姿の殺し屋ぶりが、笑いを誘った。
一回見る価値有り。二回見る価値はないけど(笑)。

ジュエルに気をつけろ 2001 米

Related posts:


投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA