監督 : ピーター・グリーナウェイ
製作 : キース・カサンダー
脚本 : ピーター・グリーナウェイ
撮影 : サッシャ・ヴィエルニー
音楽 : マイケル・ナイマン
編集 : ジョン・ウィルソン
キャスト(役名)
リシャール・ボーランジェ(Richard)
マイケル・ガンボン(Albert Spica)
ヘレン・ミレン(Georgina Spica)
アラン・ハワード(Michael)
ティム・ロス(Mitchell)
レストランのオーナーはギャングだった。
毎日、妻と手下を連れて自分の店に食べに来ている。
ある日、妻はユダヤ人の学者と知り合い、愛し合うようになった。
シェフのおかげで食事の合間、逢瀬を重ねた。
しかし、やがて夫の知るところとなり、学者は無惨に殺される。
怒りに震える妻は、復讐を誓った。

アンチ・グルメ映画。
ラストシーンがグロテスクと言われていたが、大したことはない。
ヘレン・ミレンは大胆演技で出ずっぱりだ。
もういい年なんだけどねえ(笑)

コックと泥棒、その妻と愛人(1989) 英

Related posts:


投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA