●2003/08/03 Sun  
監督 コーリー・ユン
出演 スー・チー/ヴィッキー・チャオ/カレン・モク、倉田保昭
香港のチャーリーズ・エンジェル風アクションだが、コメディなのは最初だけ。
途中から深刻になる。
姉(ヴィッキー・チャオ)と妹(カレン・モク)は殺し屋姉妹。
そしてそれを追う女刑事(スー・チー)。
弟に富豪の兄殺しを依頼された姉妹は無事仕事を終えるが、弟とその配下(倉田保昭)に命を狙われる。
妹は難を避けるが、姉は敵の凶弾に倒れる。
復讐を誓う妹。
一方、女刑事も罠にはめられ窮地に。
二人は仕方なく手を組む。
妹がレズビアンだという落ちがついていた。
アクションはしつこかったな。
倉田が監修しているのか、
畳返しや刀など、日本風のものが多く取り上げられていた。
しかし、倉田は香港に長くいるのだから、
吹き替えされなくても、良さそうな物だが・・・
美人だったのは、カレン・モクぐらいのものだ。
女優で楽しむ映画ではない。

クローサー 2002 香港

Related posts:


投稿ナビゲーション


クローサー 2002 香港” への0件のフィードバック

  1. 『クローサー』DVDにて

    昨日は残業は1時間のみでした。なんでも労使交渉をやってるとかで合意に至らず残業が認められないとの事。私は派遣で行ってるんで関係ないんですけどね。
    ということで…

  2. 懐かしの 刑事コロンボ 殺人処方箋

    子供の頃、NHKでよく見ていた刑事コロンボを借りてきました。
    殺人処方箋
    リアルタイムで初期シリーズを見ていたわけは無いので(観ていたとしても覚えていない)、…

  3. クローサー

    昨年見た映画の中で、『インファナル・アフェア』と共に大好きな映画です。私はなにを隠そうヴィッキー・チャオことチャオ・ウェイ(趙薇)のファンだったりするのです…

  4. クローサー(コリー・ユン監督)

    (現在公開中のナタリー・ポートマンやジュリア・ロバーツが出演している作品ではなく、スー・チー、カレン・モク等が出演した2002年香港映画の紹

  5. クローサー(コリー・ユン監督)

    (現在公開中のナタリー・ポートマンやジュリア・ロバーツが出演している作品ではなく、スー・チー、カレン・モク等が出演した2002年香港映画の紹

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA