リタ・ヘイワースジーン・ケリーの顔合わせだ。
ちょうど前作でフレッド・アステアと競演したばかりなので比較がしやすい。
監督 : チャールズ・ヴィダー
製作 : アーサー・シュワルツ
脚本 : ヴァージニア・ヴァン・アップ
撮影 : ルドルフ・マテ
音楽 : ジェローム・カーン
音楽監督 : モリス・W・ストロフ
作詞 : アイラ・ガーシュウィン
キャスト(役名)
ジーン・ケリー(Dunny)
リタ・ヘイワース(Rusty)
フィル・シルヴァース(Genius)
オットー・クルーガー(Codair)
リー・ボウマン(Noel)
場末のダンサー・ラステイは彼女は振り付け師ダニーと恋仲だった。
彼女が雑誌のキャンペンガールに採用される。
人気者になったラスティに、今度は大劇場から声が掛かる。
ダニーはラスティを場末から大劇場に送りだし、彼女は大成功を収める。
彼女は久々に昔出ていた場末の劇場にやってきた。
店は閉まっていた。
ラステイがいなくなった後、不入りで辞めてしまったという。
大劇場主は失意のラスティにプロポーズする。
ダニーが土佐回りから帰ってきた日が、ラステイの結婚式の日だった。

これはカラー作品だ。
カラー映画のリタ・ヘイワースは美人ではない。
あれだけ白黒では美人だったのに、カラーのメイクはなってない。
脚は綺麗だが、華奢である。
ジーン・ケリーの肉体的なバレエには付いていけない。
フレッド・アステアの華麗なダンスと組ませた方が正解だ。
アカデミーミュージカル音楽賞受賞作品。

カバーガール Cover Girl 1944 Columbia

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA