アンディ・ウィアーのSF小説「火星の人」の映画化。火星で一人だけ置き去りにされた男の話。
主演マット・デイモン、監督リドリー・スコット

 

あらすじ

 
火星でのアレス3計画の任務中、嵐に襲われたヘルメス乗組員たちは、火星から脱出することを決めるが、ワトニー隊員だけが嵐の中に消えてしまう。メリッサ隊長はワトニーが死んだものと判断し出発する。
実はワトニーは重傷を負ったが治療を済ませて、次の火星探査機が来るまで何とかして生きることを考えていた。彼は植物学者としての知識を活かし、火星の土を基にしてジャガイモの栽培に成功する。

アレス4が到着するまでの4年間かかるが、火星の厳しい自然がそれを許さない。度々の嵐のために食料は完全に不足し四年も持たない。その頃、NASAはワトニーの生存を察知する。ワトニーは火星無人探査機を見つけ、その通信機能を回復させNASAと更新することに成功する。

NASA長官はワトニーの救出より地球帰還中のヘルメス号クルーたちを帰還させることを選択するが、フライトディレクターのヘンダーソンは、クルーたちにその情報をリークする。クルーたちは全員一致の意見で、地球上の軌道で中国のロケットでから追加食料を受け取ると、火星へ向けて出発する。

ワトニーは、アレス4用にすでに送り込まれていたMAVロケットに乗り込む。MAVはヘルメス号からの遠隔操作によって打ち上げられるが、軌道にわずかな誤差が生じた。ヘルメス号のクルーたちは、宇宙空間を漂っていたワトニーを何とか確保して、軌道を反転し地球へ向かう。

 

雑感

 
現代天文学で分かっている火星の姿を知るためには良い。
だけれど、お話は長すぎる。探検隊員キャラクターが魅力的でない。
脚本にケチをつける者でないが、そのまま火星で自給生活をしてロビンソン・クルーソーになったらどうか?
 

スタッフ・キャスト

 
監督 リドリー・スコット
製作 サイモン・キンバーグ 、 リドリー・スコット 、 他
製作総指揮 ドリュー・ゴダード
原作 アンディ・ウィアー
脚本 ドリュー・ゴダード
VFXスーパーバイザー リチャード・スマターズ
 
配役
マーク・ワトニー マット・デイモン
メリッサ・ルイス ジェシカ・チャステイン
アニー・モントローズ クリステン・ウィグ
テディ・サンダース ジェフ・ダニエルズ
リック・マルティネス マイケル・ペーニャ
ベス・ヨハンセン   ケイト・マーラ
ミッチ・ヘンダーソン ショーン・ビーン
ミンディ・パーク     マッケンジー・デイヴィス

オデッセイ The Martian 2015 スコットフリー・プロ製作 20世紀フォックス配給

投稿ナビゲーション