うちのツレがショーン・コネリーのファンなので、映画館で観た。
大きな事件を二つ起こすのだが、後半のアクションシーンが陳腐で、またその後の大どんでん返しも、つながりが悪いせいか、あまり驚けなかった。
おそらくミレニアムってことで、無理矢理加えたシーンではないだろうか?
最初の事件だけで十分、一つの映画になる筈だが、、、
主演
ショーン・コネリー
キャサリン・ゼタ・ジョーンズ
監督 ジョン・アミエル