●2002/12/01 Sun   
インディーズの神様ジョン・カサベテス監督の処女作。
兄妹3人は父親が違うため、肌の色がさまざまだ。
ある日、妹が白人男性とできちゃった。
相手は、兄を見たとたんに妹のほんとうの肌の色を知り遠ざかる。
二人の兄は怒り狂うが、妹には何もしてやれない。
そしてまた、日常に戻っていく。
黒人問題を置きながら、スパイク・リーとは違い、カサベテスは間接的に冷めた目で扱っている。
音楽は巨匠チャールズ・ミンガスが担当しているが、それほど濃くはない。
白黒映画。