今井正が監督、
水木洋子、八住利雄が共同脚本
日本史上最高のメロドラマ。
キネマ旬報1950年邦画第一位。
戦時中、岡田英次はブルジョア判事の三男坊。
女言葉を使ったりして、ちょっとなよっとしている、軟弱ものだ。
そんな彼がふとポスター書きを職業とする久我美子に一目惚れしてしまう。
杉村春子と二人きりのの貧乏人久我美子も、岡田のことを気に入ってしまう。
「手袋を買ってあげる」「ううん」「じゃあ自画像を描いてくれ。お代は手袋だ。」
岡田英次は自画像を描いてもらい、遅くなって別れ際に、ガラス窓越しに口づけする若い愛だった。
クレジットとあらすじ
若者が恋をしたり、理屈をぶったり死を考えたりする。
しかしそんなことも一発の爆弾が押しつぶしてしまう、戦争の無情さを今井正は訴えた。
岡田英次みたいな軟派に愛されたのが久我美子の運の尽き。
岡田は「今まで生きたいと思ったことはなかった。
しかし戦争が身近になって初めて生きたいと思うようになった。」と言う。
ニヒリストの台詞だ。
こういう奴とつきあったら、女を不幸にする。
ロマン・ロランの原作だそうで、美術にも全然日本的なものを感じない。
日本映画史上最も有名な、ガラス窓越しのキッスシーンにも感動した。
久我美子のけなげな魅力が爆発していた。
「文春の女優ベスト150」という本で、久我が日本女優第一位に選ばれたわけがよくわかった。

また逢う日まで 1950 東宝

投稿ナビゲーション


また逢う日まで 1950 東宝” への2件のフィードバック

  1. 「また逢う日まで」今井正

    窓ガラス越しのキスシーンが有名なこの映画、「最後の日でも決して肉体を触れ合うことなく」云々とかいている映画評論を散見しますが、phD_ninoはその評論家にひと言申し上げたい。
    映画評論は映画を見てからしましょう。
    実はあれが二人が最後に逢った日ではありません。その後…

  2. 「また逢う日まで」今井正

    窓ガラス越しのキスシーンが有名なこの映画、「最後の日でも決して肉体を触れ合うことなく」云々とかいている映画評論を散見しますが、phD_ninoはその評論家にひと言申し上げたい。
    映画評論は映画を見てからしましょう。
    実はあれが二人が最後に逢った日ではありません。その後…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA